フォトジェニックジャーニー、京都記事
旅行 + フォトウェディングPHOTOGENIC JOURNEY
MENU

京都

KYOTO

PHOTOGENIC JOURNEY

京都旅情を感じながら着物姿で散策!カップル向け日帰りコース

京都
ライター nene
作成日2021年05月27日
更新日2021年06月04日

京都へ行きたい、そんな衝動に駆られたことはありませんか? 侘び寂びの心が美しい茶の文化や、圧倒されそうな重厚感が漂う社寺。それに、五感をうるおす京料理や和菓子、挙げたらきりがないほど、京都は魅力あふれる町です。

最近では京都旅行の際に、着物で散策するのも人気。そこで今回は、着物をレンタルしてめぐるカップル向けの日帰り散策コースを、祇園と嵐山の2パターンに分けてご紹介します! 

旅情をそそる街並みをふたりで歩けば、きっと思い出に残る旅になりますよ。

祇園をめぐる散策コースをご紹介!贅沢な京都旅を楽しもう

京都一の歓楽街として名を馳せる祇園。日本茶やお座敷遊びの文化が息づく、風情あふれる街です。夕暮れどきにおとずれる舞妓さんのお通りは、舞妓さんを一目見ようと多くの観光客が集まるほど。独特の雰囲気が街全体を彩っています。

祇園を散策するプランは、京都の真髄に触れる贅沢旅がコンセプト。昼は歴史深い建築物を鑑賞し、夜はお待ちかね、祇園の町屋でおしゃれなイタリアンをいただきます。もちろん抹茶スイーツも登場するのでチェックしてみてくださいね。

AM10:00 『VASARA 京都駅前店』で着物をレンタル

京都駅に到着したら、『VASARA 京都駅前店』で着物姿に着替えましょう。

『VASARA』は、約30,000着以上の着物をそろえている着物レンタルの大手チェーン店。風情ある街並みに溶け込む、最新のトレンド着物コーディネートが楽しめます。

男性にはワンランク上のワンスター着物がおすすめ。華やかでトレンドを網羅したおしゃれカップルスタイルを楽しんでみて。

美しく凛とした日本美人の印象を際立たせたい人は、礼装である訪問着でのカップルコーディネートがおすすめです。

そのほかウェディングフォトで人気の振袖と紋付袴の組み合わせも魅力のコーディネート。夏場には、速乾性ある着心地が良い浴衣もありますよ。

レトロモダンで人気のレースやアンティーク調の小物、押し花のかんざしなど小物類も充実。素敵な和装に身を包み、京都の街へと繰り出しましょう。

移動手段:京都駅より徒歩で約5分
所要時間:10:00~11:00(約1時間)

着物レンタルVASARA京都駅前店
所在地:京都府京都市南区東九条東山王町13番地
営業時間:9:00〜18:00(着付け最終時間17:00、返却締切時間17:30)
※他店でも返却OK
定休日:不定休
予算:ネット申し込みで3,278円〜

AM11:15 京都駅よりすぐの『東本願寺』へ

着物に着替えたら、最初の観光スポット『東本願寺』へ出発。

京都駅から徒歩5分ほどの東本願寺は、最も手軽に京都観光が楽しめるスポット。西本願寺との対比で東本願寺と呼ばれていますが、「真宗本廟(しんしゅう ほんびょう)」が正式名称です。

烏丸通の左手に大きく構えるのが、御影堂門。京都三大門のひとつに数えられ、高さは28mにも上ります。御影堂門をくぐると、世界最大級の木造建築物と名高い「御影堂」が目の前に。堂内の面積は畳927枚分。圧倒されるほどの大きさです。

大きさもさることながら、注目したいのが御影堂に架け渡された大きな梁(はり)。1m以上もあるけやきの大木で、新潟県にある阿賀野川の川底から引き上げたものと伝えられています。そんな歴史深い大木は強度を高め、装飾を施しながら今もなお御影堂を支えています。

御影堂の内部は残念ながら撮影禁止なので、外観や御影堂門を旅の1枚目におさめておきましょう。

移動手段:着物レンタルVASARA京都駅前店より徒歩で約14分
所要時間:11:15~11:45(約30分)

東本願寺
所在地:京都府京都市下京区烏丸通七条上る
会堂時間:3月~10月 5:50~17:30、11月~2月 6:20~16:30
※お買い物広場の営業は感染症防止対策として4月26日~5月11日の期間中、10:00〜15:30の営業時間となります。

AM12:00 『茶匠 清水一芳園 京都本店』で和食ランチ

東本願寺を見学したあとは、ランチをいただきに『茶匠 清水一芳園 京都本店』へ。バスと徒歩で12分ほど移動すると、和の趣ある外観が見えてきます。

『茶匠 清水一芳園 京都本店』は、1945年創業の茶専門問屋直営のカフェ。選りすぐりの茶葉を使ったスイーツや、ランチメニューが提供されており、店内は上品さとカジュアルさをかねた、心落ち着ける和モダンな空間が広がっています。

店内にある赤い番傘や掛け軸も、和を感じるコントラストになっており、着物でふらりと立ち寄るにはぴったりのお店。

ランチにいただくのは、裏名物の『お茶漬けまぐろ丼』。京都・丹後のお米に、ごま油の香り豊かな漬けまぐろがたっぷりと乗っています。

1杯目はそのままで、2杯目はほうじ茶をブレンドしたオリジナルの出汁をかけていただきましょう。

お腹に余裕のある場合は、石臼でひいた宇治抹茶を使用したエスプーマ仕立てのスイーツも味わってみて。夏場には涼やかな宇治抹茶氷もおすすめですよ。

移動手段:東本願寺よりバス東山通・北大路バスターミナル行「烏丸七条」乗車、「東山七条」下車から徒歩で約5分
所要時間:12:00~12:40(約40分)

茶匠清水一芳園京都本店
所在地:京都市東山区本瓦町665
営業時間:11:00〜20:30(L.O.19:30)
定休日:月、火曜日(祝日は営業)

PM0:45 『智積院』で芸術品と庭園鑑賞

お腹が満たされたあとは、2分ほど歩いて『智積院(ちしゃくいん)』へと向かいます。

智積院は、真言宗智山派の総本山。総門を入ると、20余りもある建物と名勝にも指定される庭園がお出迎え。境内にはつつじや桜、あじさいなど四季折々の花々も咲いています。

境内のなかでも注目していただきたいのが、安土桃山時代を代表する障壁画が納められている「収蔵庫」
ふすま一面に描かれた「桜図」や「楓図」は、世界にも誇れる一等品。きらびやかで奥深い芸術作品を、ぜひ間近で鑑賞しましょう。

大書院からの名勝庭園の眺めも、要チェック。「利休好みの庭」と呼ばれるこちらの庭園は、築山(つきやま)・泉水庭の先駆けと呼ばれる貴重な庭園です。独自の石組みと観賞用に作られた小山の美しい庭園に目を惹かれます。

移動手段:茶匠 清水一芳園 京都本店より徒歩で約3分
所要時間:12:45~13:25(約40分)

智積院
所在地:京都府京都市東山区東瓦町964番地
拝観時間:9:00~16:00
定休日:無休(12月29日,30日,31日は休み)
拝観料:一般 500円、中高生 300円、小学生 200円

この記事に関連するキーワード

この記事をシェアしていただけると嬉しいです

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • ※記事内で紹介しているコースは観光のみのコースです。フォトウェディングを希望される場合は、担当スタッフと調整の上、撮影当日は1日余裕を持って旅行とフォトウェディングを楽しみましょう。
  • ※新型コロナウイルスの影響により、営業時間などの掲載情報に変更が生じる場合があります。最新情報については、公式サイトもしくは直接お問い合わせいただきますようお願いいたします。
  • ※Go Toトラベルキャンペーンは全国で一時停止しています。
  • ※外出される際にはしっかりと感染対策をした上、行動しましょう。

PHOTOGENIC JOURNEY

人気のフォトプラン

PHOTOGENIC JOURNEY

新着旅行コラム

人気のエリアから探す
TOP京都記事一覧京都旅情を感じながら着物姿で散策!カップル向け日帰りコース
オンライン相談